本文へスキップ

ペット保険選び

はてなブックマークに追加
目的に応じた最安の保険選び

ペット保険はいつから加入できる?

ペットの保険に加入できるペットの年齢は、保険会社によって異なる

ペット保険を提供する保険会社によって、ペット保険に加入できる犬や猫の年齢に差がありますが、最低でも9歳未満までは加入できるところが多いです。

 

10社ほどの保険会社のペット保険の情報を比較したところ、ペット保険の中で最も加入可能な年齢が高かったのが満16歳の「ペッツベスト」でした。

●加入条件でない年齢制限

 

年齢制限の中には、加入条件そのものではなく、「健康診断の受診が必要な年齢」として定められているものがあります。

 

例えば、「プリズムコール」の場合、小型犬の加入条件は満12歳までなのですが、該当の小型犬が9歳以上の場合、健康診断の結果で加入の採否が問われることになります。


●下限が設定されている場合

保険会社のペット保険の種類によっては、ペット保険に申し込めるペットの年齢に「下限」を設定していることがあります。

 

つまり、〇〇歳以上でなければ加入できない、というルールです。

 

厳密に言えば、「歳」ではなく、「生後〇〇日以上」という形で加入年齢の下限が設定されています。

 

比較した保険会社の中では、「FPC株式会社」などの保険会社の生後30日以上が最も少ない日数でした。


●年齢が不明な場合

 

例えば、元は野良犬や野良猫だったペットを飼っている場合、生まれた日がわからないので、当然ながら現在の年齢も不明です。

 

その場合、動物病院での診断により、推定の年齢を割り出してもらう必要があります。


●その他に年齢が関係するもの

年齢は、加入できる条件としての他に、「毎月の保険料」と「保険期間」にも関係してきます。保健期間の場合、これも保険会社により様々ですが、終身で保険が適用される場合もあります。



まとめ