本文へスキップ

ペット保険選び

はてなブックマークに追加
目的に応じた最安の保険選び

怪我もペット保険に対応しているかどうか

多くのペット保険では、事故などによる怪我の手術においても保険が適用されます

ただし、各保険会社の保険特約や補償内容によって、保険適用範囲外とされている怪我等があります

●契約者・被保険者の故意・重大な過失

飼い主の故意によるペットへの傷害や、重大な過失による怪我に関しては、保険の適用外となることが多いです。

 

規約としての記載方法はさまざまですが、主に「契約者及び被保険者の故意・過失」と表記されることが多いです。

 

また、規約の同項に「不正行為による保険金請求」が含まれている保険会社もあります。

●自然災害によるもの

「地震」「津波」「噴火」などの自然災害による怪我の治療は保険の適用外となることがあります。

 

また、保険会社によっては同項に「戦争・外国の武力行使・政権奪取などによって生じた怪我」などの規約が含まれていることもあります。

 

●先天性疾患と既往症

 

保険の開始日以前に生じていた怪我や先天性の疾患は保険の適用外となります。

 

ただし、先天性の疾患等に関しては、保険期間中に獣医師によって診断された場合は保険の適用内となることがあります。

 


●出産に関わる怪我

 

「交配」「妊娠」「早産」など、出産に関わることを起因とする怪我は保険の適用外となることが多いです。

 

ただし、記入性を伴う「帝王切開」に関しては保険の適用内となることが多いです。

 

●爪の切除

爪きりによる怪我などは保険の適用外となることが多いです。

●制度上、傷害とみなさないもの

その他にも、各保険会社の保険制度上、保険適用内の傷害とみなされないものがあります。

 

詳しくは、各保険会社のホームページ、または資料請求等によって補償内容を確認してください。



まとめ