本文へスキップ

ペット保険選び

はてなブックマークに追加
目的に応じた最安の保険選び

入院給付金がもらえるペット保険

ペット保険の場合、入院保険金の有無は保険会社や保険プランによって異なります

●入院保険有りのパターン@

多くのペット保険の場合、「入院1日あたりの給付金」と「年間の限度日数」が設定されています。

例えば、「アニコム損保」の「ふぁみりぃ50%プラン」では、入院1日あたりの限度額が10000万円で、年間の限度日数が20日までとなっています。

 

次に、「アイペット」の「うちの子50%プラン」では、入院1日あたりの限度額が12000円で、年間の限度日数が22日となっています。

 

日額上限と年間限度日数、その他の細かな条件に関しては、各保険会社および保険プランによって異なります。

●入院給付金有りのパターンA

日額ではなく、1回の入院に対して規定の金額が支払われるパターンです。

 

例えば、「FPC」の「フリーペット保険」の場合、1回の入院の限度額が125000円で、年間での限度回数が3回となっています。

●入院給付金なしのパターン

「アクサダイレクト」の「プラン50」、「au損保」の「コース50」など、入院に対して給付金が支払われる制度のない保険会社や保険プランがあります。

 

これらの場合、通院であっても入院であっても、各保険プランの規定通りの補償が行われるだけになります。

入院に関する限度の設定がないので何回も入院するような場合には便利ですが、これらの保険プランの場合、年間の保証限度額が低めに設定されている傾向にあります。

 

インターネットでは、主要なペット保険を扱っている保険会社の条件などを表で比較できるようにしているサイトもあるので、それらを参考に、契約者や被保険者(ペット)の条件に最も適した保険会社や保険プランを選択することができます。



まとめ