本文へスキップ

ペット保険選び

はてなブックマークに追加
目的に応じた最安の保険選び

ペット保険金の支払い上限はあるのか?

各保険会社および保険プランによって1回の支払い上限金額や年間での支払い上限金額が設定されています

●通院・入院の給付金の日額上限

各保険会社および各保険プランによって、通院1回あたりの給付金および入院1日あたりの給付金の上限金額が設定されています。

上限金額は保険会社や保険プランによって異なりますが、通院と入院で金額が一緒の場合と異なる場合と分かれます。

例えば、「日本アニマル倶楽部」には5つの保険プランが用意されていて、それぞれに通院・入院の給付金の1日あたりの上限額やその他の条件が異なり、被保険者となるペットに応じて保険プランを選ぶことができます。

●年間の補償額の上限金額

多くの保険会社の場合、年間での補償限度額を設定しています。

特に、通院や入院の区別なく1回の通院や入院に対して保険金が支払われる保険会社および保険プランの場合、年間の上限金額が低く設定されている傾向にあります。

 

その場合、設定されているのは日額ではなく、1回の支払い上限のみが設定されています。

 

日額や限度日数が設定されていない保険会社数社を比較してみたところ、それら全てが年間の補償上限金額が50万円に設定されていました。

●保証割合

各保険会社および各保険プランごとに、補償割合が設定されています。

 

多くの保険会社で「50%」と「70%」の補償割合の保険プランが用意されていますが、中には100%の補償割合の保険プランも用意されています。

 

確認した中では最低割合は50%でした。

 

また、保険会社によっては補償割合ごとに数多くの保険プランが用意されていたり、保険プランの数は多くても全て同じ補償割合が設定されている場合もあります。



まとめ