本文へスキップ

ペット保険選び

はてなブックマークに追加
目的に応じた最安の保険選び

ペット保険が適用されない治療まとめ

ペット保険の場合、治療法によっては保険が適用されない場合があります

●予防のための予防接種やマイクロチップの埋め込み

感染症の予防のために予防接種を受けさせたり、個体識別のためにマイクロチップを埋め込む場合、病気や怪我の治療とはみなされないため保険が適用されないことが多いです。

また、だからといって予防接種を怠ってしまい、各感染症を発症した場合の治療費も保険の適用外となります。

●シャンプーやイヤークリーナー

主に寄生虫などによる皮膚疾患の治療として薬用シャンプーやイヤークリーナーを用いることがありますが、自宅で行う分には保険の適用外となります。

 

ただし、獣医師の診察により、治療目的のためにシャンプーを用いた場合の費用は保険の適用内となる場合があります。

 

●食事療法

 

体重過多や栄養不足による疾患の治療として食事内容を特定の療法食やサプリメントなどにする場合の費用は保険の適用外です。

 

ただし、薬浴同様に動物病院内での入院中の食事として用いる場合には保険が適用される場合があります。

●代替療法

動物の病気に治療においては、針灸や免疫療法、温泉療法やレーザー治療などの「代替医療」が用いられる場合がありますが、これらは保険の適用外となることが多いです。

 

●妊娠に関わる治療

ペットの去勢避妊手術は保険の適用外となることが多いです。

 

また、出産に関する手術費用なども適用外となりますが、緊急性を伴う場合には保険が適用される場合があります。

 

●検査

健康診断や、検診で正確な病名が判明しなかった場合には保険の適用外となることがあります。


●歯科治療

歯科治療や歯石除去などが適用外となる保険会社があります。



まとめ