本文へスキップ

犬の散歩の時の注意点

はてなブックマークに追加
目的に応じた最安の保険選び

犬の散歩の時の注意点

犬の散歩の時の注意点

犬が、鳴いている、近所迷惑にらなるし、そろそろ散歩にいかなくちゃ…大変だけど夜中でも、起きて散歩にいくことありますよね。

みなさんは、ペットの散歩の時に何をもっていきますか?

まずは、散歩用のひもをつけていきますが、何匹も一緒に散歩する場合は、絡まないよう注意が必要です。

犬が思わぬ方向にいく時、飼い主の足と紐が絡まる可能性もあります。

紐が長くなったり伸び縮みするタイプは、人や自転車や車など近づいてきたら、紐は短く持ち、ペットを自分の足下に近づけてすれ違う時は気をつけましょう。

ペットが自由にあっちこっち自分がいきたい方向に勝手にいかないよう飼い主の日頃からのしつけも大事になります。

次に、フンは飼い主の責任なので、フンをした時用に、袋とスコップなど散歩の時に必要になります。

持ち帰り、不潔にならないよう、きちんと燃えるごみにだしましょう。

夜中は、暗いので懐中電灯を持っていくと良いです。

犬は、落ちているものは食べてしまうので、よくペットの足下を照らしてなにかないか注意したほうがいいです。

それで、もし体調が悪くなったらかわいそうですよね。たまに、犬は道端の草を食べたりしますが、それはよくあることなので、心配ありません。

ペットとの散歩は、数分ですが、他の散歩してる人とも出会って、挨拶したり、会話したり、人間にとっての気分転換にもなります。

飼い主にとってもペットにとっても楽しい散歩の時間になるといいですね。




コンテンツ

 どんな小さな治療(額)でも保険の対象となるのか その2
 ペット保険入会特典やキャンペーンまとめ
 ペット保険に加入できる動物の種類
 ペット保険いつから加入できる?
 ペット保険が適用されない病気はこれだ!
 単なるケガにもペット保険は対応しているか?
 入院給付金がもらえるペット保険
 ペット保険が適用されない治療まとめ その2
 【ペット保険】給付金以外に飼い主サポートはあるか
 ペット保険金の支払い上限まとめ
 ペット保険各社の割引サービスまとめ
 雑種でも保険が掛けられるのか
 保険金の受け取り方法
 人間の保険と同じシステムか
 持病を持つペットでも保険に入れるのか
 ペット保険が適応される動物病院の治療
 "ペット"の定義 爬虫類も含まれるのか?
 ペットが慢性病気になっても保険適用される!
 ペットの保険料は年齢が低いときは安い!
 ペット保険における特約とは
 犬種・ペットの種類で保険の値段が変わるか
 犬・猫以外でもペット保険に加入できるのか?
 ペット保険は何歳まで加入可能か
 ペットの誕生日や年齢が分からない場合はどうする
 各社ペット保険比較 プランまとめ
 どこの動物病院でもペット保険を適用できるのか
 ペット保険の補償内容まとめ
 年間何回まで、などの制限がペット保険にはあるのか
 ペット保険はすべて終身保険なのか?
 すべての動物病院でペット保険はつかえるか
 どんなに小さな治療(額)でも保険の対象となるのかペット保険で特約を付けるかどうかを見極めるコツ
 ペット保険で特約を付けるかどうかを見極めるコツ
 特定の病気になったことがあるとペット保険に加入不可なのか
 治療費が高額になりやすいペットの病気
 呼吸器系の病気が多い短頭犬種症候群を知っていますか?
 ペット保険にいつ入ればいい?