本文へスキップ

ペットとの散歩時の注意点

はてなブックマークに追加
目的に応じた最安の保険選び

ペットとの散歩時の注意点

ペットとの散歩時の注意点

ペットの散歩を行うに当たって一番大事なことは、安全を確保した上で人とペットが楽しくというこです。

その為にはまず、ペットが車道に飛び出してしまったり、他のペットや人に飛び付いてしまう場合を考えてリードは短くして持つことです。今現在は、伸縮させることのできるリードが多数出回っているけれど、本来は広場などで伸ばすためであり、歩いている最中に伸ばしてはいけません。それではペットの安全を確保できないからです。

次に大事なことは、回りを汚さず・周りを不快にせずです。

どういうことかと言うと、ペットを飼い、散歩を楽しんでいる人だけの道ではないので、そこを通るすべての人の事を考えて散歩するということです。例えば、すれ違う人のなかにペットが嫌い!と言う人もいるでしょう。そういう人には、配慮して近づかない・その人とペットの間に自分が入るなどしましょう。そして、汚す原因・不快にさせる原因で一番にくるのは…やはり排泄物でしょう。放置しておく飼い主さんは誰が見てもマナー違反ですし、ペットと暮らす資格があるのか疑ってしまいますよね…。なので、ペットと散歩に出掛ける時には排泄物を取るための袋やティッシュなど必要なものを必ず持ちましょう。そして、できれば水をいれたペットボトルも持つと尚良いでしょう。ペットがオシッコをした場合に流せるからです。

そして、散歩に出掛ける時間帯も少し考えるべきですね。

というのも、人間は服を来て靴を履いて快適にすることができますよね?でもペットは裸に裸足という状態です。なので、コンクリートが熱せられて熱を持ってる時間に散歩に出かけてしまうと、火傷をしてしまいます。もし散歩コースに鉄板などがあったらペットは大火傷してしまいます。日中に出かけてしまうと暑さでバテてしまう可能性もあります。それらを防ぐためには、朝や夕方、地面を手で触っても熱く感じない時間帯に行くのがベストでしょう。



コンテンツ

 どんな小さな治療(額)でも保険の対象となるのか その2
 ペット保険入会特典やキャンペーンまとめ
 ペット保険に加入できる動物の種類
 ペット保険いつから加入できる?
 ペット保険が適用されない病気はこれだ!
 単なるケガにもペット保険は対応しているか?
 入院給付金がもらえるペット保険
 ペット保険が適用されない治療まとめ その2
 【ペット保険】給付金以外に飼い主サポートはあるか
 ペット保険金の支払い上限まとめ
 ペット保険各社の割引サービスまとめ
 雑種でも保険が掛けられるのか
 保険金の受け取り方法
 人間の保険と同じシステムか
 持病を持つペットでも保険に入れるのか
 ペット保険が適応される動物病院の治療
 "ペット"の定義 爬虫類も含まれるのか?
 ペットが慢性病気になっても保険適用される!
 ペットの保険料は年齢が低いときは安い!
 ペット保険における特約とは
 犬種・ペットの種類で保険の値段が変わるか
 犬・猫以外でもペット保険に加入できるのか?
 ペット保険は何歳まで加入可能か
 ペットの誕生日や年齢が分からない場合はどうする
 各社ペット保険比較 プランまとめ
 どこの動物病院でもペット保険を適用できるのか
 ペット保険の補償内容まとめ
 年間何回まで、などの制限がペット保険にはあるのか
 ペット保険はすべて終身保険なのか?
 すべての動物病院でペット保険はつかえるか
 どんなに小さな治療(額)でも保険の対象となるのかペット保険で特約を付けるかどうかを見極めるコツ
 ペット保険で特約を付けるかどうかを見極めるコツ
 特定の病気になったことがあるとペット保険に加入不可なのか
 治療費が高額になりやすいペットの病気
 呼吸器系の病気が多い短頭犬種症候群を知っていますか?
 ペット保険にいつ入ればいい?