本文へスキップ

人も犬も充実したお散歩ライフを過ごすために必要なこと

はてなブックマークに追加
目的に応じた最安の保険選び

人も犬も充実したお散歩ライフを過ごすために必要なこと

人も犬も充実したお散歩ライフを過ごすために必要なこと

私のペットはトイプードルです。うんちと運動不足解消のため毎日1回以上、必ず散歩に連れて行きます。主に家の周りや近所の公園、休日は車でお気に入りの公園に連れて行きます。マナーとして必ずリードを付け、うんち袋とマーキングを洗い流す水を持って行きます。ですが散歩をしていると、放置されたままの犬のうんちや門扉におしっこをさせてそのまま去っていく飼い主、ノーリードで散歩する大型犬などを見かけます。ペットを飼っている人のマナーに対する意識はまだまだ低いのかなと感じます。トイプードルは小型犬で人気犬種のため公園などでは小さなお子さんが寄ってきます。特にペットを飼っていない、生き物に慣れていないお子さんは、犬の頭をたたいたり、突然尻尾を掴んだりしてしまいます。小型犬とはいえ、もし何かの拍子に怪我をさせてしまってはいけないし、また自分の家族であるペットを守るためにも危険を感じた場合は犬を抱き上げたり、触り方を教えるようにしています。また散歩をしていると、必ず他の散歩をしている犬達に出会います。犬同士コミュニケーションを交わす機会であると同時に、飼い主同士が仲良くなったりペットのいろんな情報交換が出来る機会でもあります。でも中にはしつけの出来ていない犬や、攻撃的な性格の犬達もいて、飼い犬が怪我をした・子供が噛み付かれたなどのペットトラブルもよく耳にします。初めて会う犬の場合は特に相性を見るため適度な距離をとり、少しずつ慣れさせて挨拶させる必要があります。私は犬同士の相性が悪い場合は無理に仲良くさせようとせず、でも飼い主同士は気まずくならないようきちんとお礼を言って別れるよう日頃から心がけています。散歩は犬にとって必要不可欠なものです。友達が出来れば、犬にとっても飼い主にとっても楽しみなものになります。そのためにも、トラブルのないよう日頃のしつけやマナーに対する意識をしっかり持つ事が大切だと思います。



コンテンツ

 どんな小さな治療(額)でも保険の対象となるのか その2
 ペット保険入会特典やキャンペーンまとめ
 ペット保険に加入できる動物の種類
 ペット保険いつから加入できる?
 ペット保険が適用されない病気はこれだ!
 単なるケガにもペット保険は対応しているか?
 入院給付金がもらえるペット保険
 ペット保険が適用されない治療まとめ その2
 【ペット保険】給付金以外に飼い主サポートはあるか
 ペット保険金の支払い上限まとめ
 ペット保険各社の割引サービスまとめ
 雑種でも保険が掛けられるのか
 保険金の受け取り方法
 人間の保険と同じシステムか
 持病を持つペットでも保険に入れるのか
 ペット保険が適応される動物病院の治療
 "ペット"の定義 爬虫類も含まれるのか?
 ペットが慢性病気になっても保険適用される!
 ペットの保険料は年齢が低いときは安い!
 ペット保険における特約とは
 犬種・ペットの種類で保険の値段が変わるか
 犬・猫以外でもペット保険に加入できるのか?
 ペット保険は何歳まで加入可能か
 ペットの誕生日や年齢が分からない場合はどうする
 各社ペット保険比較 プランまとめ
 どこの動物病院でもペット保険を適用できるのか
 ペット保険の補償内容まとめ
 年間何回まで、などの制限がペット保険にはあるのか
 ペット保険はすべて終身保険なのか?
 すべての動物病院でペット保険はつかえるか
 どんなに小さな治療(額)でも保険の対象となるのかペット保険で特約を付けるかどうかを見極めるコツ
 ペット保険で特約を付けるかどうかを見極めるコツ
 特定の病気になったことがあるとペット保険に加入不可なのか
 治療費が高額になりやすいペットの病気
 呼吸器系の病気が多い短頭犬種症候群を知っていますか?
 ペット保険にいつ入ればいい?